補助事業

飼料基盤を整備し、自給飼料の増産を図る草地の造成、整備・改良を行いたい

補助事業名

耕作放棄地再生利用緊急対策交付金

補助金の申請窓口

市町村耕作放棄地対策協議会(都県耕作放棄地対策協議会)

補助率

〔荒廃農地を再生利用する活動への支援〕
○再生作業(雑草・雑木の除去及び併せて行う土壌改良等)50,000円/10a
 ※再生作業を行う者が集約化の要件(1ha以上)を満たす場合 60,000円/10a
 ※重機を用いて行う場合 事業費の1/2以内、併せて行う土壌改良 25,000円/10a
○土壌改良(肥料、有機質資材の投入等、2年目に必要な場合)25,000円/10a
○営農定着(再生農地への作物の導入等) 25,000円/10a
 上記の交付期間は1年間とする。

補助金を申請するために必要な条件

○支援対象の再生利用活動の要件を満たすこと。
 ※再生作業後5年間、耕作状況の確認が必要。
○農用地の要件を満たすこと。

補助金を活用してできること

生産者及び生産者集団等が、荒廃農地を引き受け飼料作付地として再生利用するため、雑草・雑木の除去等の再生作業や土壌改良及び再生農地への飼料作物の導入の取組みを実施する場合に、面積に応じて交付金を交付する。

 

(例)    
 
デントコーン   牧草地

主な提出書類

(酪農家等→地域協議会→都県協議会→農政局)
計画時:実施計画
実時:実績報告

問合せ先

酪農家  :所属農協
農協担当者:地域協議会(事務局:各市町村農政課等)