補助事業

低コスト・省力化の取組を行う搾乳ロボット等の省力化を図る機械を導入したい

補助事業名

中小酪農経営等生産基盤維持・強化対策事業(後継牛確保対策の推進)

補助金を申請できる方

生産者集団、農業協同組合等

補助率

哺乳ロボットの整備に要する事業費の1/3以内 (リース会社から借受ける場合は基本貸付料の1/3以内)

補助金を申請するために必要な条件

○乳用牛確保計画を作成すること

○資材等の管理に係る要件を満たしていること (リースの場合:リース契約の締結)

補助金を活用してできること

乳用後継牛を確保するため、哺乳ロボットの整備を行い、酪農経営体及び乳用牛育成経営体に対し貸付を行う。

 

哺乳ロボット

主な提出書類

(生産者集団・農協等→中央酪農会議)

交付申請時 補助金交付申請書、乳用牛確保計画
※生産者は整備する哺乳ロボットの位置図等を生産者集団等へ提出(実績報告時も同様)

実績報告時

実績報告書(貸付の場合:貸付契約書写し)
事業実施年度以降 運営状況報告書(5年間(生産者集団等から借り受けた物件で50万円以上のもの)

問合せ先

酪農家 所属農協等
農協等担当者 中央酪農会議