補助事業

飼料基盤を整備し、自給飼料の増産を図る草地の造成、整備・改良を行いたい

融資制度名

農業近代化資金

利用可能な方

認定農業者
認定就農者
農業所得が総所得の過半を占めていること、または農業粗収益が200万円以上あることなど条件を満たす農業者
上記農業者の経営主以外の農業者(配偶者・後継者等)
この資金は都県ごとに貸し出し条件が異なる場合がある。

資金の使いみち

融資対象者に対し、農業経営改善を図るために必要な資金
[建構築物等造成資金] 各種施設・機械の整備に係る費用
[家畜購入育成資金] 家畜の購入・育成に係る費用
[小土地改良資金] 事業費1,800万円を超えない規模の農地等の取得・改良・造成に係る費用
[長期運転資金] 規模拡大、生産方式合理化など経営改善に伴い要する費用

融資可能な額

【個人】1,800万円(知事特認2億円)
【法人】2億円

[融資率]
認定農業者  :総事業費の100%
その他の担い手:総事業費の80%
※補助金が交付される場合は総事業費から補助金額を差引いた額

融資を受ける際の金利

最新の利率は各市町村農業資金担当課で確認。

返済期間

認定農業者:原則として、15年以内(うち据置期間7年以内)
認定農業者以外の農業者:15年以内(うち据置期間3年以内)
認定就農者が認定就農計画に従って就農する場合:原則として17年以内(うち据置期間5年以内)

問合せ先

JAバンク、各市町村農業資金担当課