補助事業

規模拡大を図る乳用後継牛を導入したい

助成事業名

乳用牛資源緊急確保事業(Jミルク助成事業)

事業の目的

搾乳用に供するために乳用雌牛を輸入する。  

事業対象期間

平成29年度~平成31年度

助成金を申請できる方(事業実施主体)

全国農業協同組合連合会
全国酪農業協同組合連合会

助成の対象となる費用

(1) 輸入元から国内の供給先までの輸送費用
(2) 適切な輸入元を確保するための現地調査費用
(3) 安全で能力の高い輸入牛を確保するための防疫・能力判定等に要する費用
(4) 本事業実施に係る保険料
(5) 育成等に要する費用
(6) その他本事業の推進に必要な事務費用等
国内に輸入された乳用雌牛1頭当たり13万8千円(税抜き)を上限に助成する。助成金は原則酪農家への輸入牛供給価格に反映させる。

輸入牛の供給を受ける酪農家に求められること

(1) 供給を受けた年から、原則5年以上酪農経営を継続する。
(2) 供給を受けた輸入牛を自ら飼養し3回以上出産させる。
(3) 自らの経営内における乳用種出生頭数を、本事業により輸入牛の供給を受けた年度の前年と比べ、輸入頭数分以上増加させる。
(4) 上記内容の確認のため、牛個体識別全国データベースの利用に同意する。
その他、詳細は事業実施主体に確認。

供給頭数制限

1酪農経営あたり年間 初妊牛15頭以内 育成牛30頭以内

実施内容

≪全国農業協同組合連合会≫

輸入時期 令和元年7月 2回目は未定
輸入頭数 育成牛 300頭
輸入国 オーストラリア

※JA等を通じ申込み、動物検疫所門司支所渡し(令和元年7月)
≪全国酪農業協同組合連合会≫

輸入時期 実施なし
輸入頭数 初妊牛 200頭
輸入国 オーストラリア

※会員農協等を通じ申込み、農協指定場所渡し

主な提出書類

(酪農家→所属農協→事業実施主体)
各事業実施主体の定める様式

問合せ先

酪農家 所属農協
農協担当者 〔全農〕各県連・県本部(あるいは本所酪農部総合課)
〔全酪連〕各支所